組織概要
理事紹介
代表理事渡邉 めぐみ
1991年神奈川県出身。早稲田大学教育学部卒業。大学在学時よりスローフードに関わり、若者の仲間を中心にSlow Food Youth Networkを日本で初めて立ち上げる。2015年イタリアに渡り、スローフード協会が設立した食科学大学University of Gastronomic Sciecesにて修士号を取得。国内外のレストランやアグリツーリズモに勤務経験があり、調理、農業、レストランなどの知識を学ぶ。3ヶ国語(英・伊・韓)を翻訳等もおこなう。 2016年に帰国後、スローフード日本の立ち上げから活発化の中心的役割を担い、2019年4月から代表理事となる。有機農家の嫁、二児の母でもある。
副代表理事川越一磨
1991年東京生まれ。2014年9月慶應義塾大学総合政策学部卒業。 和食料理店での料理人修行、大手飲食企業で店舗運営の経験を経て、2015年7月山梨県富士吉田市に移住し、レストランの立ち上げなどを行う。 同年12月に株式会社コークッキングを創業。料理を通じたチームビルディングワークショップ等を、主に法人向けに展開。 2016年5月よりスローフードの活動に参画し、Slow Food Youth Network Tokyo代表を経て、2019年4月には一般社団法人日本スローフード協会副代表理事就任。現在は食の未来を切り開くべく、フードシェアリングサービス「TABETE」の事業化に取り組む。
Andrea Amato
1980年にトリノ(イタリア)で生まれ、ブラに在住。2003年にトリノ大学で「コミュニケーション科学」を、2006年には「マルチメディア・マスコミュニケーション」を卒業し、ラジオ・ドキュメンタリーの歴史に関する論文を発表した。在学中、ヘルシンキ大学に留学し、「EF」社や「イタルデザイン・ジウジアーロ」社と協働。2000〜2006年まで、ボランティアとして、テッラ・マードレ、チーズなどのスローフードの国際イベントに参加。2007年にスローフード国際本部のラテンアメリカ・カリブ海地域チームとして入職して以来、同地域におけるネットワークの発展とプロジェクトの管理を担当し、15カ国以上でミッションを遂行。国連、欧州連合、公的機関、民間基金とのプロジェクト調整をおこなう。2014〜2020年までは、ラテンアメリカ・カリブ海地域のディレクターを務めた。2021年1月からは、スローフードの新しいグローバル・サウス・オフィスのディレクターを務めている。
団体情報
名称
一般社団法人 日本スローフード協会(通称:Slow Food Nippon)
代表者名
齊藤めぐみ
本社
〒104-0061 東京都中央区銀座3丁目9−11紙パルプ会館10F 銀座環境イニシアティブ内
設立
2016年2月12日