組織概要
理事紹介
代表理事渡邉 めぐみ

1991年神奈川県出身。早稲田大学教育学部卒業。大学在学時よりスローフードに関わり、若者の仲間を中心にSlow Food Youth Networkを日本で初めて立ち上げる。2015年イタリアに渡り、スローフード協会が設立した食科学大学University of Gastronomic Sciecesにて修士号を取得。国内外のレストランやアグリツーリズモに勤務経験があり、調理、農業、レストランなどの知識を学ぶ。3ヶ国語(英・伊・韓)を翻訳等もおこなう。

2016年に帰国後、スローフード日本の立ち上げから活発化の中心的役割を担い、2019年4月から代表理事となる。有機農家の嫁、一児の母でもある。

副代表理事川越一磨

1991年東京生まれ。2014年9月慶應義塾大学総合政策学部卒業。
和食料理店での料理人修行、大手飲食企業で店舗運営の経験を経て、2015年7月山梨県富士吉田市に移住し、レストランの立ち上げなどを行う。
同年12月に株式会社コークッキングを創業。料理を通じたチームビルディングワークショップ等を、主に法人向けに展開。
2016年5月よりスローフードの活動に参画し、Slow Food Youth Network Tokyo代表を経て、2019年4月には一般社団法人日本スローフード協会副代表理事就任。現在は食の未来を切り開くべく、フードシェアリングサービス「TABETE」の事業化に取り組む。

伊江玲美

1976年東京出身。1991年宮澤内閣で北海道開発庁長官兼沖縄開発庁長官として入閣した元参議院故伊江朝雄を祖父に持つ。2007年に三年間のスタンフォード大学 US Asia Management Center の来客研究員を終え、沖縄にて持続可能な開発とコミュニティ・エンパワメント・デザインを行うコンサルティング会社を起業。行政や企業を中心にコンサルティングを国内外にて行う。2012年にブータン王国のGNH Center の日本大使に前首相から任命される。2015年にイタリア食科学大学University of Gastronomic Scienceにて修士号を取得。帰国後、Slow Food 国際本部アジア局 日本ディレクターに就任。地方自治体、企業、教育機関等と共に日本の食文化の発信だけでなく、食の叡智、古来からの農業、漁業の継承を次世代の担い手と共に持続可能な地球との歩みを考えていく運動を展開中。

高安和夫

1965年千葉県生まれ。99年農業生産法人(有)アグリクリエイト入社。03年同社取締役東京支社長。06年3月銀座ミツバチプロジェクトを田中淳夫氏と立ち上げ、都市養蜂の先駆者となる。以降、ミツバチの飼育を通した持続可能な社会の実現のため、多岐にわたるプロジェクトに取り組む。一般社団法人トウヨウミツバチ協会 代表理事、NPO法人銀座ミツバチプロジェクト 理事・最高顧問、秋山産業株式会社 社長室長・特販事業部長。

伊作太一

1992年生まれ、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。2015年、大学院在籍中に株式会社コークッキングを起業。人々の創造性とコミュニティの多様性を促進する、未来の料理の場の開発・研究をしている。コミュニティの対話と発想を活性化する手法「パターン・ランゲージ」のスペシャリストとして、キッチンや料理の可能性を拡げるしくみ・ツールの制作を日々行なっている。2015年スローフード運動に参加。フードロス問題の啓発イベント「ディスコスープ」の企画運営や、日本のユース支部の取りまとめなどを行う。2017年からはフードロス問題に挑むフードシェアリングサービス「TABETE」の立ち上げに従事、ブランディングなどを担当。事業を通して、対立構造や疲弊感を生まない、多様性と持続可能性のあるムーブメントづくりに挑戦している。株式会社コークッキング取締役、慶應義塾大学SFC研究所上席所員。

阿部 有美

北海道生まれ。地方新聞社社主の二女として生まれ、バスケットボール・スピードスケート・トライアスロンなどスポーツに汗を流す子供時代を北海道で過ごす。大学卒業後、数年に渡る海外渡航経験をいかし旅行業コンサルティング事業に携わる。2000 年、結婚。年の差 30 歳以上の夫に嫁ぎ現在に至る。結婚を機に株式会社紅彦の代表取締役に就任。2010 年、仙台ミツバチプロジェクトを設立し理事に就任。2011 年 2 月、Slow Food Sendai を設立し代表に就任。2011 年 5 月、東日本大震災直後に(株)復興屋台村を設立し、同年 11 月 26 日被災地気仙沼に於いて「復興屋台村・気仙沼横丁」をオープンした。2017 年 3 月に嵩上げ復旧工事に伴う閉村まで(一社)復興屋台村の理事として気仙沼に関わる。

チーム紹介
濱部 玲美

1984年神戸生まれ。関西学院大学社会学部児童福祉学科卒業。
大学卒業後、株式会社リクルートメディアコミュニケーションズにて大手企業からまちの商店街まで、様々なクライアントの課題解決のためのプランニングと制作ディレクションを経験。退社後、社会課題をアートの力で解決し様々な教材開発をおこなうNPO法人プラス・アーツにてインターンを経験。その後、食に関わる様々なプロジェクトやメディアの立ち上げを通して、全国の作り手を訪れ、その物語にふれ、伝えていく活動に力をいれる。2017年2月に株式会社KUUMAを立ち上げ。眼の前にあることを当たり前と思わず、好奇心を持って学びの種を発掘して編集し、伝えていくことが得意。2018年より、Slow Foodのディレクターに。世界中で「おいしい」を共通言語に学びあう在り方を自身が実践し、日本に広めたいと奔走中。人間もいち生き物で地球のなかのほんの一部に過ぎない、という気持ちを大切に、料理人の旦那さんと食いしん坊の息子と暮らす。

熊倉 聖子

1978年札幌生まれ。東京女子大学現代文化学部卒。
2002年よりNPO法人アート・ネットワーク・ジャパンにて東京国際芸術祭(元F/T)の企画制作、劇作家の国際交流事業、教育プログラム等に従事。2007年川崎市アートセンター劇場ディレクター就任。2011年国連認証プログラムEDE(Eco village Design Education)修了。
ダブルケア(育児と介護の両立)を機に退職し、鎌倉・京都へ移住。社会的分断を越え、誰もが安心して対話できる安全かつ創造的な場づくりを志して、2018年NPO法人場とつながりラボhome’s viに参画。バックオフィスを担いながら、行政のまちづくり・子育て支援事業のファシリテーターとして活動。Slow Food Nipponには、2019年「先住民族テッラマードレアジア・環太平洋inアイヌモシリ」より、ファシリテーター/事務局として参加。
毎日のくらしとしごとが”気持ちよく・自分らしく・おいしく” なるように、ティール組織の探究や、味噌づくり・梅しごとなどに勤しむ。京都府産前産後ケア専門員。3児の母。

北林 大

1989年宮古島生まれ。九州大学 経済学部 経済・経営学科卒。
大学卒業後、AFH合同会社(Abercrombie & Fitch)にて、ブランドマーケティングを学ぶ。その後シンガポールへ移住し、Vivid Creations Pte. Ltd. にて、日本企業のアジア進出やインバウンドツーリズムのプロモーションに携わる。帰国後、沖縄県のツーリズムや過剰開発のあり方を見直すべく、【地球との共生】と【持続可能性】を軸に、公共事業や民間連携事業における、プロジェクトマネージャーやコーディネーターを務める。
スローフード運動においては、先住民族の食文化や生物多様性を保護する目的の先住民族ネットワークを中心に活動し、2018年には東アジア理事に就任。2019年からはスローフード琉球の支部長も務める。
スローフード先住民族ネットワークを代表し、国際連合人権高等弁務官事務所の開催する先住民族フェローシッププログラムの2019年奨学生として選出される。

団体情報
名称
一般社団法人 日本スローフード協会(通称:Slow Food Nippon)
代表者名
齊藤めぐみ
本社
〒104-0061 東京都中央区銀座3丁目9−11紙パルプ会館10F 銀座環境イニシアティブ内
設立
2016年2月12日