EVENT

国内イベント
  • スローフィッシュに行こう!by Slow Food 横浜・鎌倉

    日時
    2017年03月18日
    場所
    横浜市金沢区白帆4-2
    概要

    「スローフィッシュ」に行こう!inマリーンプラザ
    ご挨拶
    豊かな「相模湾」の恩恵を受ける、神奈川県の漁業。
    相模湾は、日本でも有数の海洋生物の宝庫として知られ、
    魚類1300種、カニ類350種、貝類1100余種が生息しています。
    横浜のみなさんにお届けする「有用種」の魚は170種類。
    イカタコ類、貝類、エビカニ類などを含めると230種。
    この相模湾、そして三浦半島周辺、東京湾の海域を含め、
    本県沿岸域では、年間2万トン近い魚介類、海藻類などが
    水揚げされ、日々の食卓を支えています。
    スローフード横浜・鎌倉では「スローフィッシュ」に行こう!
    inマリーンプラザを開催することとなりました。
    本イベントが持続可能な水産業を考える機会になれば幸いです。
                 水産庁長官任命
                    おさかなかたりべ 齋藤 融
    趣旨:イタリアジェノバでの国際会議(以下:スローフィッシュ)
       で研究を発表していただく国際的人材を発掘し、応援をする
       イベントです。皆様の応募をお待ちしております。
       イベント参加費の一部、支援金を旅費としてファンデング
    い たします。
       持続可能な漁業を提案を楽しみにしております。
    ■□■第8回 Slow Fish スロー・フィッシ ュ━━━━━━━━━━━━━━
       2017年5月18日(木)~21日(日)
       @イタリア・ジェノヴァ Porto Antico
       主催:リグーリア州、スローフードイタリア
       参加国 イタリア、スペイン、イギリス、フランス、
       オランダ、 ドイツ、ノルウェー、トルコ、エクアドル、
       アメリカ、 モーリタニア など
    今年のテーマ: 山から海流まで。
           ”海”を知り、恵みを守って いくための学び。
    スローフィッシュプロジェクトのミッションは
           ・絶滅の危機に立たされている種の保護
           ・未だ価値を認識されていない種の再定義
           ・世界中の海岸線に広がる漁村地域の保護
           ・現在の海洋資源の現状の共有
           ・多様な魚食文化の発信
    スローフィッシュの目的
           ・市民教育、特に若い世代への教育
           ・海洋資源に係る異業種、
            異国同士のネットワークの形成
           (漁師、料理 人、研究者、国際機関関係者、
            バイヤーやインポーターから小売まで)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

    ○発表テーマ:持続可能な漁業をテーマにしていただきます。
           魚の生態系の調査や獲れすぎ防止の漁網の開発。
           地球温暖化防止策など次世代のサステナブル漁業
            を模索されていこと。日本の漁業の展望など。    
    ○発表スタイル:1人20分で英語で発表提案をしていただき、
            スローフード横浜・鎌倉として応援したい方を
            選考いたします。(審査員5名前後)
    〇開催日時:平成29年3月18日(土)
         12時~17時
    〇開催場所:横浜市金沢区白帆4-2
          マリーンプラザ2F
    〇主催:スローフード横浜・鎌倉
    〇応募要項:満20歳以上の水産系大学で勉強、研究を
          おこなっている方ならどなたでも応募できます。
          応募人数が多い場合事前審査をいたします。(事前選考あり)
          応募用紙にアブストラクト(要約部分)を書き提出ください。
       条件:①SF横浜・鎌倉の代表になられた場合、当会に入会して
          いていただくのが条件です。(年会費5000円)
          ②旅費の一部を会が支援しますが、スローフイシュ期間中
          の事故、病気・ケガを会は一切責任を負うもではありません。
          あくまでも自己責任での参加をおねがいします。
          ③帰国後報告会を開きますので国際会議での反応や、
          感想をスピーチおねがします。(6月以降開催)
          ④選考後、本人の都合でスローフィッシュに参加さ れ ない場合は賞金を返金していただきます。
     確認事項:支援対象者でなくても、イタリアのスローフィッシュ
          には、SF会員登録すれば参加できます。
    (ただし、スピーチを保証するものではありあせん:要相談します。)
    〇目録:  特賞:10万円(1名)
          特別賞:5万円(該当者無しの場合もあります。)
          参加賞:「マングローブエビを食べる会」ご招待
              (発表者全員をご招待いたします。)      
    ○応募締め切り:2017年3月11日(当日有効)
    ○応募方法:メールにて氏名、住所、連絡先明記の上
          発表する内容を規定用紙にご記入の上、返信ください。
          red106@mbr.nifty.com までメールで応募ください。
          書類審査の結果は、スローフード横浜・鎌倉事務局
          よりご連絡します。

関連記事